首頁
1
媒體
2
新聞
3
【2016年】リチウムイオン電池の世界シェア・市場規模・今後の動向 #24
矽谷能源股份有限公司 204 基隆市安樂區武訓街55號
矽谷能源(SEGL Energy) 響應政府政策,班班有冷氣建置的學校中,參與花蓮縣五所學校建置了矽谷能源SEGL Energy 太陽能儲能不斷電系統(備源電力系統),提供學校的網路系統、電腦教室、辦公室照明與其他設備等電力不中斷。 https://www.seglenergy.com.tw/hot_434400.html 政府班班有冷氣政策 嘉惠台灣學子讓學習環境更為舒適~~ 2022-07-01 2023-07-01
矽谷能源股份有限公司 204 基隆市安樂區武訓街55號 https://www.seglenergy.com.tw/hot_434400.html
矽谷能源股份有限公司 204 基隆市安樂區武訓街55號 https://www.seglenergy.com.tw/hot_434400.html
https://schema.org/EventMovedOnline https://schema.org/OfflineEventAttendanceMode
2022-07-01 http://schema.org/InStock TWD 0 https://www.seglenergy.com.tw/hot_434400.html

相關連結:http://nomad-salaryman.com/post-5778

リチウムイオン電池(LiB)の世界市場シェア

つづいてLiBの用途ごとに世界市場シェアとメーカーランキングをみていく。

①小型リチウムイオン電池の世界シェア推移

小型リチウムイオン電池とは携帯電話やタブレット、パソコン、デジカメに使用される電池のこと。車載用や家庭用の大型は別のマーケットとして考える。

社 名

シェア% 2015

シェア% 2008

三洋電機

33

パナソニック

21

9

サムソンSDI(韓)

19

15

LG Chem(韓)

15

7

ATL

8

ソニー

7※※

16

Lis hen

4

Coslight

4

BYD

3

8

Ma

3

BAX

2

その他

14

12

※三洋電機の電池事業はパナソニックが買収 ※※ソニーの電池事業は村田製作所が買収

2015年の世界市場シェアはパナソニックが世界トップで約21%。韓国サムソンSDIが世界2位。続いて韓国LG Chemが世界3位。あとは中国勢が乱立。韓国のサムソンとLGはグループ内でスマホ、タブレットを製造しているため、グループ間取り引きが大きい。

市場シェア推移をみるとソニーの陥落ぶりが目立つ。2008年は世界市場シェア2位だったのに2015年には5位に後退。結局、儲からないので村田製作所へ電池事業を売却した。ちなみにソニーはリチウムイオン電池を世界で初めて上市したメーカー。

先発メーカーは普通、特許をガチガチに抑えて他社が参入できないようにするが、ソニーには大した特許がなかったのだろうか?だとしたら「作り損」としかコメントのしようがない…

②車載用リチウムイオン電池の世界シェア推移

社 名

シェア% 2015

シェア% 2014

シェア% 2012

パナソニック

40

41

BYD(中)

14

7

LG Chem(韓)

13

15

AESC

11

25

42

三菱商事/GSユアサ※※

5

7

19

サムソンSDI(韓)

4

5

Epower

4

Beijing Pride Power(中)

3

2

Air Litium(中)

2

Wanxiang(中)

2

日立ビークルエナジー

N/A

N/A

14

LiBの蓄電容量ベース ※筆者の独自調査 ※※三菱商事&GSユアサの正式社名はリチウムエナジージャパン


 

 

 


上一個 回列表 下一個